里芋種植えのやり方(親芋を使用)

里芋の種植えをやりました。

一つづつ手順を追って説明して行きますね。

 

里芋の親芋を半分に

まず始めに今日使用した里芋の種ですが、昨年しゅうたの畑で取れた里芋を保管しておいた物です。

 

なので種芋をどこからか仕入れたとかではないので、種芋代はかかっていません。

(ちなみに、ホームセンターで5個位入って500円で売ってました。高!)

そしてこれまた今日種芋として使用するのは里芋の親芋。

里芋には、親芋 → 小芋 → 孫芋と3世代に渡って一緒に取れます。

どの芋でも種芋にはなるのですが、今回は種芋として取っていた親芋のみを種植えします。(後日、小芋を種植えする)

 

まずは、親芋は大きいので包丁で半分に切ります。

こんな感じで真っ二つに。

11月頃に収穫していた芋は今だに綺麗にしています。

 

半分にした種芋をセットしていく

これを事前に畝作りをしていた畑にセットして行きます。

間隔は30㎝ほど。深さは10㎝弱。

里芋は結構深く根が伸びていくので、深めに耕しておきます。

切断部分を下にして、丸いほうを上にします。
(丸いほうから芽が出てくる)

土をかける(種芋に土をかぶせ埋める)

最後に土をかぶせて行きます。

深さ10㎝弱穴をほっていたのでその高さに土をかぶせます。

この時点ではあまり土をかぶせ過ぎると芽が出る時期が遅くなってしまうので、この位でOKです。

 

芽が出てくるまでにはまだ時間がかかります。温かくなってきて5月下旬~6月頃。

大人になると1メートルほどの大きな植物になりますが、赤ちゃんの芽は本当にかわいいですよ。

またその時になったら記事を更新しますね。

 

うきは市 うきは道の駅近くにある農園

しゅうたの畑

Follow me!

里芋種植えのやり方(親芋を使用)” に対して1件のコメントがあります。

  1. 渡邉文彦 より:

    親芋が種芋に使えるとはとても驚きました。家庭菜園で赤芋を育てていますが、毎年、親芋はほとんど食べることなくすてていましたが、親芋として活用できれば無駄にならずとてもありがたいです。。今年は親芋を種芋に挑戦しようと思いますので、次のことについてご教示いただきたいと思います。半分に切断した芋は二つとも種芋と使用で来ますか、それとも芽が付いたほうのみ使用するのですか。次に収穫した親芋がを植え付けるまでの保存方法はどのように保存したら良いです。また、種芋に親芋と小芋を使った場合の収穫量は違いますか。突然このような質問して大変失礼ですがよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です